足立区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(足立区)―

角 郁夫 院長/角耳鼻咽喉科(竹ノ塚駅・耳鼻咽喉科)の院長紹介ページ

角 郁夫 院長

IKUO SUMI

めまいや頭痛で長いことお悩みの方に根本的な治療法で応える。

東大教養部を経て東京医科歯科大学へ進学。卒業後は大学院で診療と研究を続ける。その後、竹ノ塚駅近くに開業。

角 郁夫 院長

角 郁夫 院長

角耳鼻咽喉科

足立区/竹の塚/竹ノ塚駅

  • ●耳鼻咽喉科

竹ノ塚に開業して半世紀近く、同じ場所で診療を継続。

角 郁夫 院長

もともと理系の勉強が好きだったので、そちらの分野に進もうかと考えていましたが、敗戦後それまでの人生観が一変、直接人に役立つ医学を勉強しようと決めたのです。

当時、教育制度が大きく変わって、私も在学していた旧制高校が1年で閉鎖され、新制度の東大教養部を経て東京医科歯科大学へ進みました。この間、つづけさまの受験勉強には苦労しましたね。上記の好きな言葉「当たって砕けろ」はこの時以来の自分に対する励ましです。当時、同大学には耳鼻物理の権威、黒地豊教授、Bスポット治療で有名な堀口申作教授がいらっしゃって直接教えを受けました。
卒業後は大学院で診療と研究を続けました。竹の塚に開業した46年代は、今と違って住んでいる人が少なかったですね。夜になると懐中電灯がないと歩けないくらい真っ暗だったんですよ。その頃からずっとこの同じ場所で続けています。

加齢による疾患の見極めに注力。

角 郁夫 院長

昔は「中耳炎になった」「鼻水がひどい」などの理由でいらっしゃるお子さんが多かったのですが、今の患者さんは高齢の方が多くなりました。高齢者の方の症状は、加齢によるものと実際の病気とが重なっているので、どのような治療法が最適かの見極めが難しいところです。耳鳴りやのどの痛みなどの中に他の病気がまざっている可能性もあるため、より慎重に診察しなければなりません。隠れた腫瘍など見つけるのが大事です。「ちょっと気になることがあるな」という段階で相談に来ていただければ早めに対応することができますね、

めまいや頭痛に効果的な「Bスポット療法」を実施。

角 郁夫 院長

当院は耳鼻咽喉科ですが、「めまいや頭痛がひどい」とお悩みの患者さんも多いんです。「頭痛薬が手放せない」「疲れると、こめかみのところが痛くなる」という方には、「Bスポット療法」を施しています。これは、先ほどお話しした堀口申作先生が考案なさった治療法です。Bは鼻咽腔(びいんくう)のBで「上咽頭」の別名。鼻とのどの間にある、のどちんこの裏側あたりになります。この部分に炎症が起きているから、頭痛、イライラなどが生じるのです。ここは自律神経の通り道ですからね。そうすると生活が乱れてしまいます。この炎症部分に薬を塗って治すのが「Bスポット療法」です。処置自体は数分ほどで終了します。若干痛みを伴いますが、治療を続けるうちに軽減してきますのでご安心ください。この炎症は大人だけではなく、中学生や高校生にもあてはまります。東京医科歯科大学の、堀口先生の研究室で始まった治療法です。患者さんの中には「Bスポット療法」というのがあると聞いたんだけど、と探していらっしゃる方もいるんですよ。もちろん「Bスポット療法」以外の治療もありますので、患者さんの症状に応じた治療をいたします。

原因を突き止め、根本から改善できるような治療に取り組む。

お子さまから高齢の方まで、幅広く診させていただきたいと思っています。お子さまは風邪に伴う症状や中耳炎、ご高齢の方は加齢による症状と病気によるものとを見極めながら治療していく、というやり方を続け、「耳鼻咽喉科」だからできる治療というものを施していきたいですね。耳鼻咽喉科というと耳・鼻・のどだけを診るというイメージがあると思いますが、口・気管・アレルギーなど幅広く診察します。「なぜ痛みがあるのか」という原因を突き止めて、根本から改善できるような治療を続けていきたいと思っています。そうすることで、内科でも小児科でも解決できないといった症状を改善することができる場合があります。症状が複雑な場合は、他の分野の先生と連携をとりながら治療に当たっていくことが大切だと思っています。

これから受診される患者さんへ。

くしゃみや鼻水がよくでるという人で、実はアレルギーではなく自律神経の刺戟が原因だったという場合があります。すぐに「アレルギーだろう」と判断せずに、一度当院を受診してみてください。そこで診察を受け、今後の対応の仕方を一緒に考えていきましょう。また、めまいや頭痛で長いことお悩みの方もご相談ください。これを機会に、根本的な治療をしてみませんか。「頭が痛い…」と悩まずに生活できるようになれば、本当に快適な生活を送ることができますよ。耳鳴りや嚥下(えんげ)障害などでお悩みの方もお越しください。長い間、竹ノ塚のみなさんを診させていただいていますが、これからもお子さまからご高齢の方までみなさまの相談に乗れたら、と思っています。

※上記記事は2014.08に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

角 郁夫 院長 MEMO

  • 出身地:北海道
  • 趣味・特技:音楽、ゴルフ、読書
  • 好きな本:著書でいえば、池波正太郎、藤沢周平、平岩弓枝、田辺聖子等
  • 好きな映画:たくさん観てきたので、選びきれません。
  • 好きな言葉:当たって砕けろ(本当に砕けても困りますが)
  • 好きな音楽:モーツァルト
  • 好きな観光地:日光(昔、一時この地に勤務したことがあります)

グラフで見る『角 郁夫 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート