足立区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(足立区)―

島元 昭 院長/しまもと歯科クリニック(六町駅・歯科)の院長紹介ページ

島元 昭 院長

AKIRA SIMAMOTO

できるだけ削らない、痛みの無い、体に負担をかけない、やさしい治療を追求。

神奈川歯科大学卒業後、勤務医として複数の開業医の元で経験を積んだのち、六町駅近くに開業。

島元 昭 院長

島元 昭 院長

しまもと歯科クリニック

足立区/一ッ家/六町駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●矯正歯科

お子様の多い足立区で、地域密着型の歯科医療を実践。

島元 昭 院長

母方の親戚に歯科医師や医師がいたこと。加えて、母が歯科衛生士をしていましたから、特に意識することなく気が付けばこの世界を目指していたというところかもしれません。言い方はあれですが、母に上手いこと洗脳されていたんでしょうね(笑)。
神奈川歯科大学を卒業後、いくつかの開業医の元での勤務を経て、2006年に、つくばエクスプレス「六町駅」から徒歩10分ほどの当地に歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科の 『しまもと歯科クリニック』を開設致しました。私はそれ以前、山形県の歯科医院に勤めていたのですが、そちらが地域密着型を掲げていらしたこともあり、それを可能にする場所を探してこの場所に行き着いたのです。
足立区は子供が非常に多いところで、実際、患者さんを見ても4人兄弟は“ざら”と感じます。少子高齢化もここだけは例外というところでして、お子さんからご年配の方まで幅広い層の方々を診ていきたいと考えています。

将来を視野に入れた治療に取り組む。

島元 昭 院長

治療は歯科医師が主体で進めるものではなく、あくまでも患者さんを主体して進めていくものだと考えています。当クリニックでは、治療方法やその期間、費用などをゆっくり時間を掛けてご説明し、おひとりおひとりのご希望を踏まえ、ご納得いただいてからの治療を心掛けています。
治療そのものについては、自分や大事な人に置き換えて考えることを常に心掛けています。例えば小さな虫歯があったとして、それを削るのか削らないのか。自分に置き換えれば、進行止めを患部に当て、定期的に診ていくことで症状の改善を見守る方法をとるでしょう。ケースにもよりますが、削ることそれ自体が歯に宜しくないのは間違いないことですし、最初の時点でなるべく手を加えないということに注力していきたいところです。自分や家族に当てはめて考え、のちのちのことまでを視野に入れて治療はおこなわれるべきと私は考えています。

歯医者に対する抵抗感をなくしたい。

島元 昭 院長

お子さんを治療する際、仮に押さえ付けて治療が終わったとしても、そこに痛みが伴えば「二度と歯医者になんか行くもんか」となるのは仕方のないことでしょう。大人と違い、特に小中高の間は、虫歯が出来てしまうと加速度的に進行していきます。その大事な期間に定期的に来院していただくためにも、普段から痛くない治療を心掛けていくことが大切です。私自身、小さい頃はかなりつらい思いをしましたし(苦笑)、その経験を良い方向で活かしていければと思っています。

全身のバランスまで考慮した「ホリスティック治療」とは?

ホリスティック治療とは、全身のバランスを診ながら治療をおこなうという考え方です。人はボーリングの球ほどの重さがある頭蓋骨が身体の一番上にあり、その前後左右バランスを効めているのが下あごです。
その下あごが少しでも右に左に、そして前後にずれていけば、身体のあちらこちらに不具合が生じてきます。そう考えれば、親不知を1本抜くにしても細心の注意が必要です。ただ抜いて良しとするのではなく、バランスを考慮して調整をおこないつつ処置をおこなっていかなくてはなりません。
人の身体において歯科は非常に重要なウエィトを占めています。幅広い視野を持って治療に臨む必要があると考えています。

これから受診される患者さんへ。

『しまもと歯科クリニック』では、患者さんの身体への負担を考慮し、なるべく薬を使いすぎない医療を標榜しています。妊娠中の方、あるいは薬を出来るだけ使いたくない方はお気軽にご相談ください。

私は、出来ることなら歯のことで皆さんに悩んでいただきたくないのです。もちろん治療の説明は充分におこなっていきますが、非常に難解なことまで患者さんに理解を求めるのは、いかがなものかと思っています。安心して身体をゆだねていただけ、またその信頼に応えるためにこちらはベストを尽くす。気軽な気持ちでいらしていただき、笑顔でお帰りいただけるように努めていきたいと思っています。

※上記記事は2014.7に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

島元 昭 院長 MEMO

  • 生年月日:1967年11月10日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:B型
  • 趣味・特技:マリンスポーツ、山歩き、バスケット
  • 好きな本:山歩きに関する本
  • 好きな映画:グラン・ブルー、ショーシャンクの空に
  • 座右の銘:人は鏡、万象は我が師
  • 好きな音楽:クラシック、ヘヴィメタル
  • 好きな観光地:京都

グラフで見る『島元 昭 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート