足立区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 獣医師(足立区)―

羽原 弦史 院長/東京獣医科医院(高野駅・犬)の院長紹介ページ

羽原 弦史 院長

KOUJI HABARA

飼い主さんの不安な気持ちに耳を傾け、大切な家族が元気に暮らせるようサポートします。

日本大学卒業後、日本獣医畜産大学を経て、日本医科大学で博士号を取得。父の急逝に伴い、当院を引き継ぐ。その後、高野駅近くに移転。

羽原 弦史 院長

羽原 弦史 院長

東京獣医科医院

足立区/扇/高野駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●ハムスター
  • ●フェレット
  • ●ウサギ
  • ●その他

診療を始めて30年。地域の動物医療に貢献。

羽原 弦史 院長

私の父が同じ足立区の本木で開業していましたので、私は二代目ということになります。もともと動物は好きでしたが、物理や生物など理系の勉強も好きで、人を診る医師になるか獣医師になるかを悩んだ時期もありました。そして人間だけでなく、それぞれに体の構造が異なる動物たちを診療できる獣医師の仕事にやりがいと面白さを感じて日本大学農獣医学部に進み、獣医学科に学びました。大学では解剖学に興味をもち、日本獣医畜産大学での修士課程を終えると、日本医科大学で人体の解剖を研究して博士号を取得。動物の体だけでなく、人の体の構造についても知識を深めました。ところが、私が日本医科大学に在籍していた頃に突然、父が亡くなってしまって。獣医師としての経験がないまま、父の後を引き継ぐ形で診療を始めることになったんです。父を知る先生方からたくさんのサポートをいただきながら、診療を続けて30年あまり。現在は足立区獣医師会の副支部長を務めるほかに専門学校講師として学生たちを指導し、先端医療や動物介在療法などを手がけるNPO法人の理事としても活動しています。

動物たちも飼い主さんも笑顔になって帰れるように。

羽原 弦史 院長

父の代から続く『東京獣医科医院』という名前を残しながら、日暮里舎人ライナー
高野駅から徒歩1分のこの場所に移転したのは2001年のことでした。ワンちゃん、ネコちゃんをはじめ、小鳥やハムスターなどの小動物を中心に受け入れ、日々の診療にあたっています。元気のない動物を連れていらっしゃる飼い主さんたちの不安な気持ちに耳を傾け、その子の状態を正しく把握して治療を行うことで、動物たちも飼い主さんも笑顔になってお帰りいただきたいですね(笑)。当院では半導体レーザー、ヘリウム・ネオンガスレーザーを使用して動物たちへの負担が少ない手術を行っているほか、免疫力を高めて治癒を目指す免疫療法を実践しています。出血が少なく体力の回復が早いレーザー手術や免疫療法は、高齢の動物や麻酔に不安がある子にも安心です。もちろん治療法については飼い主さんにしっかりご説明し、ご納得いただいた上で治療を進めておりますので、大切なご家族に気になる症状がありましたらぜひお早めにご相談ください。

正確な診断をもとにした適切な治療を心がける。

羽原 弦史 院長

私がまず一番に考えるのは、動物たちの「痛み」や「苦しみ」を取り除いてあげること。その上で必要な検査をし、正確な診断のもとに適切な治療を行いたいと思っています。エコーやレントゲン、血液検査などとあわせて、言葉を話せない動物たちの目の力や表情を観察することで治療への手掛かりを探って行きます。
また、別の動物病院で治療された子が、紹介でいらっしゃるケースもあるんです。発症当初とは症状が変わってしまうので、一見すると何の病気なのか分からず困ってしまうことがあるんですよ。それでも、検査の結果やその子の様子などから病気を推測して治療を行って…、私が施した治療によって元気になってくれたときは、心の中で「やったね」と喜んでいます(笑)。

解剖学の知識を発揮し、正確な診断を導く。

動物たちの体の構造については獣医師として当然の知識ですが、とくに解剖学を学んで来たことは当院での診療に非常に役立っていると感じています。たとえば、ガンなどの腫瘍が出来てしまったペットの臓器は、健康時の正常な位置からズレてしまうものなんですね。レントゲンやエコーの画像でそうした情報が得られれば診断の手助けになり、病気の早期発見・早期治療につながるのです。エコーとレントゲンによる検査にこれまでの経験を照らし合わせてみると、動物たちの頭の中以外のことはほとんど診断が出来てしまうんですよね(笑)。もしもMRIなど高度な検査が必要な場合には、大学病院へのご紹介もいたしますのでご安心ください。

これから受診される患者さんへ。

人間と同じように高齢化が進み、室内で飼われている動物たちも増えて来ました。そうした環境の中で飼い主さんにお願いしたいのは、第一に室温管理です。体の表面を毛で覆われている動物たちは、寒さよりも暑さに弱いもの。とくに湿度の高い夏場は自分の体温で熱中症を起こしてしまう危険もありますから、夏の室温は20度前後、冬場は24、5度を目安にしてください。また、内臓の管理も長寿の秘訣です。人間と同様に塩分と油分に気をつけて、バランスのよい食事を与えていただきたいと思います。

※上記記事は2014.12に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

羽原 弦史 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:スキー、車
  • 愛読書:獣医学などの専門書
  • 好きな映画:SFもの(アバターなど)
  • 好きな言葉:あきらめない
  • 好きな音楽:JAZZ
  • 好きな場所:海

グラフで見る『羽原 弦史 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート