足立区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(足立区)―

吉田 文彦 院長/青井駅前歯科クリニック(青井駅・歯科)の院長紹介ページ

吉田 文彦 院長

YOSHIDA YOSHIHIKO

最新の医療技術とリラックスできる環境を完備。どなたにも優しい歯科医療をご提供。

大学卒業後、東京医科歯科大学大学院 に進み博士号を取得。複数の医療機関で経験を積んだのち、青井駅前に開業。

吉田 文彦 院長

吉田 文彦 院長

青井駅前歯科クリニック

足立区/青井/青井駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●矯正歯科

浪人時代の矯正治療を機に歯科医師の道を決意。

吉田 文彦 院長

父親が、札幌にある北海道がんセンターで内科医として勤務していました。専門は白血病です。はたから見ていても父は仕事熱心で「患者さん思い」な印象が伝わってきましたね。そんな父の背中を見て私も医師の道を自然と志すようになっていました。 ただ浪人生のとき自分の歯を矯正してもらったことで、方向性が歯科医師に定まったんです。通えば通うほど、どんどん治っていくことに感激したというのもあるかもしれませんね。
そんな歯科の診療科目の中で、全身疾患に伴う口腔内の症状を診る口腔外科を選択したのはやはり、同じように、さまざまな全身疾患に診断をつけて治療していた父の影響だと思います。

専門とする「口腔外科」にかける情熱。

吉田 文彦 院長

例えば、親知らずなどの埋伏歯を抜歯したり、外傷歯の固定、歯の移植、再植、さらには口内炎などの粘膜疾患や口腔がん、顎関節症、睡眠時無呼吸症候群など、虫歯や歯周炎などの一般的な疾患を含め口腔領域全般を扱う分野です。
大学院での研究テーマでもあった口腔がんについてご説明しますと、他のがんですとその有無から大きさ、場所はCTやMRIなどを撮らないと発見しにくいものですが、口腔がんはその名の通り、がんを口の中に見つけることができるので比較的早期発見しやすいのです。ただそれでも、ターミナル・ケア、つまり終末期医療を受けなければならないほど、治療の施しようがない口腔がん患者も多く診てきました。それは東京医科歯科大学に在籍しながら、静岡は焼津にある焼津市立総合病院に出向していた頃でした。看取りの瞬間に立ち会ったり救急当番の当直を数多く経験しました。歯、口の中がいかに人生を左右してしまうか思い知らされ、またこういった患者さんを早い段階で救いたいという気持ちが強くなりましたね。

この青井で開業された理由と、診療のモットーとは?

吉田 文彦 院長

はい。まずはお子さんからお年寄りまで幅広い世代の患者さんを診たかったんです。もっと言うと、親子、孫と祖父母、夫婦といったように家族みんなで来られるような、家族ぐるみで地域治療に貢献できるような場所はどこかを約2年探していて、ようやく2012年に、つくばエクスプレスの青井駅から徒歩2分とアクセスの良いこの場所に青井駅前歯科クリニックを開業しようと決めたんです。実際、小中学校も近いですし、駅からも便利ですしね。
診療科目としては口腔外科に一般歯科、小児歯科、義歯、インプラント、矯正と多岐に渡ります。義歯に関しては最近とみにお年寄りが増えてきましたね。保険外の義歯治療も行います。インプラントは、世界シェアの高いストローマンインプラントシステムの研修を修了していますので、しっかりと診させていただいています。
矯正の専門医も月1回来ていますから矯正治療についても対応しております。
詳しくはホームページでご確認ください。
診療のモットーとしては、患者さん本位の治療を心がけています。こちらとしては治したほうが良いと思われる歯があってもそこをグっとこらえまして(笑)、患者さんが「この歯だけ直してほしい」というご要望にまずはお応えします。
そして、治したあとに「ここは綺麗になりましたが、ほかはどうしますか?」と投げかけます。患者さんご自身から「治したい」という意識が芽生えない限りは、さまざまな選択肢は提示しますが、むやみに治療を進めることはありません。二つ目としては、歯のクリーニングなどを衛生士さんまかせにしないで、毎回必ず全顎を行ってから治療に進むように心かけています。歯肉の状態や歯質について常に把握しておきたいからです。

どなたにも安心して治療を受けられる環境を完備。

誰が来られても安心し、満足していただけるような作りをめざしています。 まずは「色」もやわらかいものにしたいとユニフォームや椅子、小物類もピンクにしました。患者さんからすれば少し気恥ずかしくなるかなと思ったんですが、「温かみがある」「かわいい」と好評をいただいております。
そして開業したら是非作ろうと思っていたのが実はキッズスペースなんです。子育て中のお母さんにとっては、子どもが小さいからとかうるさくしてしまうのではないかと不安でなかなか来院できないと悩まれていることを聞いてぜひ作りたかったんです。お母さんが診療中のときはスタッフがこのキッズスペースで面倒を見ています。 ただしご希望であれば、親子を引き離すことをせず、子どもを抱っこしながら治療を受けていただいたり、並んで一緒に治療を受けることもできます。こうした子どもへの想いは、自分に子どもができてから強くなりましたね。現在は0歳と5歳の親でもあります。

これから受診される患者さんへ。

基本的に「歯科医院は痛くない」というモットーで行っています。機械式の注射器も使っていますし、手動で行う時もできるだけ力を加えないように注射しています。症例によっては、笑気麻酔、静脈内鎮痛法をすぐに行える環境を整えています。
また、お子さんは歯科医院に連れてこられて椅子に座るだけでも泣いてしまう子が多いのですが、当院に来られるお子さんは不思議とほとんど泣かないんですよ。もしかしたらそういう環境になっているのかもしれません。それでいうと以前スタッフに「先生はやさしすぎる」と言われたことがあるんです。「もっとビシッと言った方がいいです」と。でも私の性格上、なかなか強く言えない。でもそれがお子さんにはかえっていいんだと思います。というより、お子さんの患者さんは私のことを先生とも思ってないのかもしれない(笑)。どちらかというと友達のような感覚なのかな。私の顔を見ると「あ、いた」みたいになついてきてくれますね。他には、歯磨きをしてもらうため!に来院される方もたくさんいらっしゃいます。
いずれにしましても口腔がんを含めて口の中はすべて請け負って診ています。限度はありますが、大学病院に送るような症例もしっかり判断して受けることができますし、近隣には内科医院などもありますので密に連携を図っています。提携病院は博慈会記念総合病院と東京医科歯科大学附属病院があります。
クリニック内はバリアフリーですから車いすの方も安心してお越し頂けます。お子さんが転んで歯が抜けてしまった、口唇を切ってしまったなど、緊急時や口内炎がなかなか治らない、高血圧や糖尿病、心臓の薬を飲んでいて歯の治療が不安など、気になったことがあれば相談するだけでもいいのでお気軽にいらしてくださいね。

※上記記事は2014.4に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

吉田 文彦 院長 MEMO

  • 出身地:北海道
  • 趣味・特技:ドライブ、F1観戦、どこでも寝れる事
  • 愛読書・本:PRESIDENT(経済誌)
  • 好きな映画:アルマゲドン、麒麟の翼
  • 好きな言葉・座右の銘:努力
  • 好きな音楽・アーティスト:EXILE、JUJU
  • 好きな場所・観光地:海、沖縄、ハワイなど

グラフで見る『吉田 文彦 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート