足立区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(足立区)―

長谷川 純子 院長/花畑団地歯科(顎関節症)(竹ノ塚駅・歯科)の院長紹介ページ

長谷川 純子 院長

JUNKO HASEGAWA

地域住民の「かかりつけ医」として
口元から全身の健康をサポート

大学卒業後、父が営む歯科医院で診療をスタート。幅広い症例を経験するなかで研鑽を積むほか、通電療法による顎関節症治療にも取り組む。現在は『花畑団地歯科』の院長として、地域住民の健康をサポートしている。

長谷川 純子 院長

長谷川 純子 院長

花畑団地歯科(顎関節症)

足立区/花畑/竹ノ塚駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科

歯科医師としてキャリアを重ね、幅広い症状に対応

長谷川 純子 院長

女性であっても「何か手に職を」。そう考えて、医師や歯科医師、獣医師など、医療系に進みたいという気持ちをもっていました。もちろん、父が歯科医師だという事実はありますけれど、私としては自分が進むべき道を自分で選んだという感覚の方が大きいですね。
大学卒業後は、すぐに父の歯科医院で診療をはじめて、歯科医師としてのキャリアは20年近くになるでしょうか。同じ足立区の西新井にあった歯科医院をこちらに移転したのが2015年の1月で、院名を『花畑団地歯科』として新たなスタートを切りました。虫歯や歯周病の治療や予防、入れ歯や審美歯科など、患者さんのニーズにあわせて幅広い診療をおこなっています。

「人と人」として接しながら、クオリティの高い歯科医療を提供

長谷川 純子 院長

ショッピングモールの中にある歯科医院ということもあり、開業以来地域にお住いの方々を中心に、たくさんの患者さんにお越しいただいています。最初はおじいちゃま、おばあちゃま、次に子供連れのお母さんたち、という感じで。2世代、3世代のお付き合いという患者さんも珍しくないんですよ。
きっとみなさん、私が女性の歯科医師ということで、ソフトな対応を期待される方が多いと思いますが、現実は想像されているのとはすこし異なっていて(笑)。たとえ相手が小さなお子さんであっても、同世代でも、ご高齢の患者さんでも、私はいつも「1人の患者さん」として接するようにしているんです。自分が担当しているお子さんであっても、そうでなくても。歯科医院という公共の場にそぐわない行動をする子にはキチンと叱りますし、治療を嫌がる子にその場しのぎで「痛くないよ」と言ったりはしません。なぜ歯が痛むのか、その原因は何か、痛みをなくすためにどんな治療が必要なのか。きちんと理由を説明して、納得してもらってから治療を進めるようにしています。子供たちは頭がいいですからね。私が毅然とした姿勢でいると、無駄な抵抗をしなくなると言いますか(笑)。実際に、他院ではまったく歯科治療ができなかった子が、すんなりと治療をさせてくれるというケースも少なくないんです。

顎関節症治療に有効な「通電療法」を導入

長谷川 純子 院長

一般的な歯科治療とあわせて、診療の柱となっているのが「通電療法」による顎関節症の治療です。私自身、小さな頃から片頭痛や肩こりに悩まされていたのですが、あるとき鍼治療をお願いしていた先生から、顎関節症治療に有効な方法があることを教えていただいたんですね。従来のように、噛み合わせの調整によって症状の改善をめざすのではなく、微弱な電流を使って顎の関節や筋肉をほぐしていく治療法なのですが、それまでどの歯科医院にも導入されていなかったんです。そのため、誰もやっていないのならば「私がやります」という感じで(笑)。何よりも患者さんの不快感を解消することに重点を置いて、治療をおこなってきました。
と言いましても、顎関節症の治療は保険適用外となりますので、初診の患者さんにいきなりおすすめするようなことはいたしません。歯科治療をおこなうなかで患者さんのつらい様子を目にすることがあれば、そっとお声かけするような感じでしょうか。顎関節症治療についても、そこから発展したエステについても、あくまでも歯科治療の延長であり、患者さんとの信頼関係があってこそだと思っています。

地域の「かかりつけ医」として、患者さんの健康をサポート

私からぜひお伝えしたいのは、歯科治療を途中でやめないでください、ということ。ご自分のことを安心して任せられる「かかりつけ医」の重要性に気づいていただきたいと思います。たとえば先日、ずっと診させていただいている患者さんが、「歯が痛む」と訴えられたんですね。でも、その方の治療履歴を振り返って考えてみても、絶対にその歯が痛むはずがないんです。そこで私は、患者さんの生活スタイルや、体質的なことにも考えを巡らせて、痛みの原因が他にあることを突き止めることができたんです。
結局その方は、首から肩にかけてマッサージをしてさし上げることで痛みを解消できたのですが、「かかりつけ医」ではない歯科医院にかかっていたらどうでしょう?きっと、「歯が痛む」と言う患者さんの言葉を頼りに、被せ物を取って、歯を削って。必要のない治療をおこなうことで、大切な歯にダメージを与えることになっていたかもしれません。患者さんのお口の中のこと、お体のこと、背景にあるものまでを把握してこそ「かかりつけ医」。ですからぜひ、ご自分が通える環境、相性のよい歯科医師を見つけていただきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『花畑団地歯科』にお越しの際は、東武スカイツリーライン「竹ノ塚駅」からバスをご利用いただくと便利です。お車の方は、ベルクスモールの駐車場をご利用ください。診療にあたって、子供たちにはストレートに話をしますけれど、大人の患者さんには少々気を遣っているつもりです(笑)。それは、怒られるから行かない、怖いから行かない、と歯科治療を諦めてほしくないから。ぜひ「かかりつけ医」がいることのメリットを認識していただいて、もしも心当たりがある方には、もう一度歯科医院に足を向けていただきたいと思います。

※上記記事は2017年3月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

長谷川 純子 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:エステ
  • 好きな本・作家:東村アキコ
  • 好きな映画:リトル・ダンサー
  • 好きな言葉・座右の銘:楽しい事しかしない
  • 好きな音楽・アーティスト:ミュージカル
  • 好きな場所・観光地:NY

グラフで見る『長谷川 純子 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート