足立区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(足立区)―

石川 貴子 院長/医療法人社団 泰仁会 北川医院(千住大橋駅・リハビリテーション科)の院長紹介ページ

石川 貴子 院長

TAKAKO ISHIKAWA

「地域密着」の医院としてアットホームな
雰囲気を大切に「専門性の高い診療」を提供する

石川 貴子 院長

石川 貴子 院長

医療法人社団 泰仁会 北川医院

足立区/千住河原町/千住大橋駅

  • ●リハビリテーション科
  • ●内科
  • ●小児科
  • ●皮膚科
  • ●神経内科

救急隊員の方たちが懸命に救護活動を行う姿に影響され医療の世界に

石川 貴子 院長

私は江東区亀戸の生まれなのですが、実家のすぐ目の前の交差点が交通事故の多発地帯だったため、子どもの頃から救急車を目にする機会がとても多くありました。事故現場で救急隊員の方たちが懸命に救護活動を行う姿を見るうちに、「自分も同じように、人の命を救う仕事がしたい」と思うようになったのが、医師の道を志した最初のきっかけですね。
実は同じような理由で兄も医師を志したと聞いています。兄は現在外科医をしていますが、私は幅広く色々な病気を診ることのできる医師になりたいと思い、内科医の道を選びました。
大学卒業後は、地方の国立大学の消化器内科の医局に入局。そこで3年ほど過ごしたのちに、人口5000人ほどの過疎地に赴き僻地医療に携わりました。当初は内科医として赴任したわけですが、私の他に医師はいませんでしたので、そこでは内科の病気だけでなく、「マムシに噛まれた」ですとか「山中で怪我をして動けない」ですとか、あらゆる症状の患者様を診ることになりました。その意味では確かに、「色々な病気を診ることのできる医師」に図らずもなることができたわけですが…(笑)。でも、そのときの過酷ながらも貴重な経験が、医師としての自分のベースになっていることは間違いないと思います。

「地域密着」の医院として訪問診療にも力を入れている

石川 貴子 院長

北川医院の特徴としてまず挙げられるのは「地域密着」という点ですね。当院の開業は昭和22年ですので、地域の患者様にはそれこそもう何十年にもわたってご愛顧いただいております。なかには「大先生の頃(開業当時)から診てもらっている」とおっしゃる、本当に古くからの患者様もいらっしゃるんですよ。また、近隣には足立市場がありますので、市場関係者の方が早朝の仕事を終えてから来院されることも多いですね。
「地域密着」ということで言いますと、当院では訪問診療にも力を入れています。実は私自身、結婚・出産のために仕事から少し離れた時期がありました。「そろそろ復帰したい」と思っていたタイミングでちょうど当院から話をいただいて、最初は訪問診療専門の医師として仕事復帰を果たしたという経緯があります。
今後も、ご自宅や高齢者施設への訪問診療につきましては積極的に取り組んでまいりたいと思っています。

各分野のエキスパートの医師が診療にあたる「専門性の高い診療」と漢方外来

石川 貴子 院長

「地域密着」が当院のひとつの柱だとしたら、もうひとつの大きな柱は「専門性の高い診療」ということになるかと思います。
当院では診療科目として、内科、小児科、神経内科、皮膚科などを掲げていますが、それぞれ曜日・時間ごとに各分野のエキスパートの医師が診療にあたることで、先ほど申しました「専門性の高い診療」を実現しています。たとえば神経内科が専門の北川泰久先生による、頭痛に特化した外来などは、まさにその代表と言えるでしょう。その他にも、小児科や放射線治療などにつきましても高い評価をいただいています。
そして少しユニークなところでは、当院では漢方外来も行っています。東洋医学の世界では「証を見る」と言うのですが、脈や体温などを通じて患者様の体質や症状を診断した上で、その方に適した漢方を処方させていただく。さらに当院の場合には、担当の医師がすべての漢方薬をまずは自分自身で試し、真に信頼できるものだけを吟味・処方させていただいています。

患者様が自分の家族だったらという問いかけを常に自分自身に投げ診療にあたる

もしも目の前の患者様が自分の家族だったらどうするか――。これは、大学に入学して早々に教授から言われた言葉なのですが、今なおこの問いかけを常に自分自身に投げかけながら、日々の診療にあたるように心がけています。当院にはあらゆる世代の患者様が来院されますが、幸いなことに私自身に親戚が多いこともあって、お子様ならあの子、ご高齢の方ならあの人といった具合に、具体的な家族・親戚の姿がすぐに思い浮かびます。
また、今の話に通じる部分もありますが、病院全体としてはアットホームな雰囲気を大切にしたいと考えています。たとえばご高齢の患者様の場合、ときにはお話を伺ってもなかなか要領を得なかったり、あるいは繰り返しが多かったりすることもあるのですが、そこを変にせかせかするのではなく、時間をかけてゆっくりと気長に対応して差し上げたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

最近では、風邪、下痢、湿疹といった定番の症状の他に、生活習慣病で悩まれる患者様が増えているように感じます。そうした方々に私からよくアドバイスさせていただいているのは、「安い民宿のような食事を心がけましょう!」ということ。「安い民宿のような食事」というのはつまり、ご飯・味噌汁・焼き魚・おひたしといったメニューのことですね(笑)。
さて私自身、6歳の双子を持つ母として、また高齢の両親を抱える娘として現在、育児と介護の両方に奮闘中の身であります。その意味では、当院にいらっしゃるお子様、ご高齢の方、そしてお母さんたちすべての方の気持ちに寄り添った診療ができるのではないかと思っております。何かを一方的に押し付けるのではなく、あくまでも患者様とよくお話させていただきながら、より良い治療法をともに見つけていきたいと思っていますので、何かお困りのことがありましたら、どうぞお気軽にご相談にいらしてください。

※上記記事は2014.8に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

石川 貴子 院長 MEMO

  • 生年月日:1970年7月7日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:A型
  • 趣味:料理
  • 好きな本:よしもとばななの本
  • 好きな映画:『アルマゲドン』、『となりのトトロ』
  • 好きな言葉:継続は力なり
  • 好きな音楽:マイケル・ジャクソン
  • 好きな場所:北海道

グラフで見る『石川 貴子 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート