足立区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(足立区)―

横川 智之 院長/横川レディースクリニック(竹ノ塚駅・産科)の院長紹介ページ

横川 智之 院長

TOMOYUKI YOKOKAWA

限りない未来を秘めた、小さな命のために。
その誕生を、あなたと一緒に見守ります。

大学卒業後、順天堂の産婦人科に入局。その後、慈恵医大、金町中央病院での勤務を経て2003年に『横川レディースクリニック』を開院。

横川 智之 院長

横川 智之 院長

横川レディースクリニック

足立区/保木間/竹ノ塚駅

  • ●産科
  • ●産婦人科
  • ●小児科
  • ●内科
  • ●婦人科

足立区のすべての女性の味方であること

横川 智之 院長

私の生まれは石川県なのですが、隣には有名な黒部ダムがあります。あそこのダム造りに携わるのが中学校の時からの私の憧れでした。ところがです。私の生家は内科小児科の医者でして、兄が跡を継ぐ予定だったものが営業マンになってしまい、私にお鉢が廻ってきました(苦笑)。考えのらち外にあったものですから当初は戸惑いましたよ。でも、結果としては良かったですね。今ダムを造るなんて話はあまり聞きませんし(笑)、なにより、人から“ありがとう”と言っていただけるこの仕事にやりがいを感じています。
大学を卒業後、順天堂の産婦人科に入局し、その後、慈恵医大、金町中央病院での勤務を経て10年前(2003年)に産科・産婦人科・小児科・内科・婦人科の『横川レディースクリニック』を開院致しました。区内の東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)竹ノ塚駅や六町駅・綾瀬駅などからはバスに乗っていただくと便利です。足立区の全ての女性に頼りにしていただけるよう、力を尽くしていきたいと思っています。

「お客さま」に最高のおもてなしを

横川 智之 院長

ここはもともと病院があったところを譲り受ける形でスタートしました。その際、私の専門である産婦人科と、前の病院からあった内科、それに加えて小児科を設けました。小児科は私の中ではどうしても必要な科だったんです。従来、産婦人科の先生達は自らがそれを兼ねる形だったのですが、それはどうしたって重きに過ぎる。小児は他の科と異なる専門分野ですから、専門の先生にやっていただく必要があると考えたのです。生まれてくるお子さんはもちろん、お母さん、そしておばあさん。女性の一生を全て診ていければと考えています。
私は患者さんをお客さんだと思っています。そういう感覚を持つドクターは少数かもしれませんが、私どもを選んでお越しくださっている方に対し、全力で診療をおこなわせていただきたいと考えています。イメージとすれば、ホテルというよりペンションでしょうか。人と人とのあたたかみを大事に、我々が出来る最高のおもてなしをさせていただきたいと考えています。

自然分娩のプロフェッショナルとして

横川 智之 院長

現在は夜間の医療従事者が足りないという事情もあり、どちからといえば誘発分娩が主流となってきています。ただ、私は昔から一貫して自然分娩派でしたから、その流れをこの施設に持ち込んだという次第です。やはり、自然の流れに促したほうが全て上手くいく感じがしますね。実際、出産時のトラブルも少ないという実感を持っています。こちらに来られる方は、その辺りをご理解していただいていると思っています。
クリニックでは「トコちゃんベルト」を推奨しています。これはベルトで骨盤をぎゅっと締めることにより、早産に陥ることを防ぐ効果のあるものです。試着も可能ですので、ご興味のある方は事前に申し付けていただければと思います。

患者さんに負担の少ない不妊治療を

高度の不妊治療というわけにはまいりませんが、健康保険の適用範囲での不妊治療をおこなっています。タイミング合わせであったり、基本的な知識の共有も含めてのことですね。まだ30代の前半くらいであればゆっくり構えていただくのも選択だと思いますし、30代後半に差し掛かり、ご希望が切実であればより高度の不妊治療が可能な専門病院へとご紹介しています。
時代もあるのでしょうが、わりと、のんびりしている方が多い気がします。特にお父さんがのんびりされてるのかもしれない(笑)。もちろん当人がご希望されることですから、口はばったいことは申しませんが、ご夫婦で相談に見えられた場合には、それとなくご主人にハッパをかけるようなこともさせていただいています(笑)。

これから受診される患者さんへ

患者さんにとっては1番耳に痛いことかもしれませんが、なるべくスリムでお産を迎えていただきたいですね。何もなく産んでしまわれる方もいらっしゃいますが、長年産婦人科に携わってきたものの実感として、「もう少しおやせになってれば、もっと楽に産めたのに…」と思うことが少なくありません。ですから、なるべくスリムでその時を迎えていただきたいというのが我々の思うところなのです。
クリニックでは管理栄養士の監修する栄養指導を受けていただくことも可能です。指導をきちんと守っていただけると、見事なほどに体重の増加が止まっていきます。そうして頑張ってこられた方は皆さんよいお産をされていかれます。小気味良いお産というのでしょうか。クリニックにお見えになった全てのお母さんにそのようなお産を迎えていただけるよう、我々も出来る限りのサポートをさせていただきたいと思っています。

※上記記事は2014年8月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

横川 智之 院長 MEMO

産婦人科専門医 /大腸肛門病専門医 /

  • 出身地:石川県
  • 趣味・特技:テニス、スキー、釣り
  • 好きな本:釣りの本
  • 好きな映画:SF
  • 座右の銘:努力をすれば必ず実る
  • 好きな音楽:クラシック
  • 好きな場所:海の上

グラフで見る『横川 智之 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート