足立区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(足立区)―

岡田 拓也 院長/あおぞら赤ちゃん子どもクリニック亀有足立小児科(亀有駅・小児科)の院長紹介ページ

岡田 拓也 院長

TAKUYA OKADA

あおぞらの下で遊ぶ子どもたちのため
予防医療を通して健康をサポート

日本医科大学卒業後、同大学小児科学教室へ入局。付属第二病院や沖縄県・かみや母と子のクリニックなどで経験を重ね、埼玉県・あおぞらクリニック北戸田小児科では7年にわたって院長を務める。これまでの経験をふまえた理想のクリニックづくりを目指して、
「亀有駅」徒歩8分の場所にて開業。

岡田 拓也 院長

岡田 拓也 院長

あおぞら赤ちゃん子どもクリニック亀有足立小児科

足立区/東和/亀有駅

  • ●小児科
  • ●アレルギー科

家族そろって安心して通えるこだわりのクリニック

岡田 拓也 院長

『あおぞら赤ちゃん子どもクリニック亀有足立小児科』というクリニック名は、障害がある子どもも、ない子どもも、ぜんそくやアレルギーがあっても、「あおぞら」のもとで元気に遊んでほしいという想いから名付けました。病気にならないように、そして、いつも健康でいるために。子どもたちと保護者の方に安心して通っていただけるようなクリニックづくりを目指しました。来院する子どもたちに対しては、まず一番に怖い思いをさせないこと。クリニック名を織り込んだマットをすすんで入り口を入ると、すぐ右手にはカラフルなキッズスペース。受付横の壁は下半分がマグネット仕様になっていて、マグネットのオモチャで遊べるようになっています。「あおぞら」をイメージしたブルーの壁にはペガサスが舞い、その横には私の似顔絵をあしらった「オカサス」が(笑)。診察室のベッドに寝そべった子どもたちをいつも天井から応援していますので、ぜひ探してみてくださいね。一方、仕事に子育てにと忙しい保護者の方のため、待ち時間に配慮したWeb予約を採用しているほか、各診察室には監視モニターや排気設備を設置するなど、安心・安全な環境のもとで診療を行っています。

患者さんの立場にたったスムーズな診療を提供

岡田 拓也 院長

当院には受付を中心に、右側には一般外来用の診察室が5つ、左側には予防接種や健診を行うための診察室が3つ配置されています。待合いスペースについてもそれぞれ分かれていて、たとえば予防接種でいらした患者さんが、風邪などの感染症で受診された患者さんと接触することがないようにと配慮しています。そして、8部屋という数の診察室をご用意しているのは、患者さんのご負担を考えてのこと。子どもを連れているとどうしても荷物が多くなりますし、小さなご兄弟がいるママたちにとっては、クリニックの中を移動することも大変ですよね。そのため当院では、診察がはじまってから終わるまでの間、ご家族みなさんが一つの診察室で過ごせるようにしているんです。たとえば、検査の結果が出るまでの時間もそのままお待ちいただけますので、診察室と待合いスペースを行ったり来たりする必要がありません。もちろんその分、医師である私はクリニック内をあちこち移動することになるのですが(笑)。体がつらい時であればなおさら、少しでも快適に受診していただきたいと考えています。

幼少期からの予防医療で未来の健康へとつなげる

岡田 拓也 院長

私が医師を志したのは、小学6年生のときに祖父が倒れたことがきっかけでした。心筋梗塞を起こした祖父を救っていただいた経験が心に残り、いつの日か恩返しがしたいと思ったのです。そして大学に進んで医学の知識を身につけるうち、重篤な疾患を未然に防ぐためには、予防医療こそが大切だと考えるようになりました。怖い病気にかからないためには、予防接種は欠かせないもの。また、定期健診などで健康状態を確認することで、将来的なリスクに備えることができるのです。私は新生児NICUなどを担当するなかで、せっかく産まれてきても生きられない赤ちゃんを見送ることがありました。罪のない子どもたちが病気にかかることを防ぎたい、病気にならないようなサポートをしたいという想いから小児科医の道を選んだのです。当院では定期接種はもちろん、任意接種も積極的に行っています。子どもたちの健康を守り、病気を撲滅するために。同時接種や予防接種のスケジュールなどについてもアドバイスをさし上げたいと思います。また、当院では呼気NO(一酸化窒素)検査をぜんそくの治療に役立てています。正確な診断のもとで適切な治療を行っておりますので、ぜひご相談ください。

医師として父としての目線をもってあらゆるニーズに対応

私は小児科医である一方、プライベートでは二人の娘をもつ父親でもあります。独身時代の私を知る看護師からは「先生変わった」と言われますが(笑)、本当に保護者の方のお気持ちがよく分かるようになりました。自分の子どもが病気になれば、親として心配するのは当たり前のこと。不安な気持ちでいらっしゃる保護者の方に安心していただくためにも、医学用語などは使わずに分かりやすい言葉でお話したいと思っています。診察の際に簡単な言葉ばかり使っているせいか、紹介状を書くときに医学用語が出て来なくて困ることがありますけれど(笑)。保護者の方と同じ目線になって、いろいろなお悩みにお答えして行かれたら嬉しいですね。一方将来的なビジョンとして、働くママやパパたちをサポートできるような環境づくりを進めることも考えています。個室の診察室を利用して、病児保育と小児クリニックの中間のようなシステムが作れないかと考えたり。このクリニックを中心に、子育てに特化したコミュニティづくりが出来ないかと考えたり(笑)。地域の方々が安心して、楽しみながら子どもを育てられるような場所をつくって行きたいですね。

これから受診される患者さんへ

JR「亀有駅」から歩いて8分ほどの住宅街にある『あおぞら赤ちゃん子どもクリニック亀有足立小児科』は、子供たちがワクワクするような遊びゴコロあふれるクリニックです。院内感染に配慮した衛生的な環境の中で診療を行っておりますので、安心してご来院いただきたいと思います。

※上記記事は2016.9に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

岡田 拓也 院長 MEMO

  • 出身地:愛知県
  • 趣味・特技:読書、ディズニーキャラクターのものまね
  • 好きな本・愛読書:三国志
  • 好きな映画:オーシャンズ11、ミッション:インポッシブル
  • 好きな言葉・座右の銘:求めよ、さらば与えられん。尋ねよ、さらば見出さん。門を叩け、さらば開かれん。
  • 好きな音楽・アーティスト:ビートルズ
  • 好きな場所・観光地:ハワイ(プロポーズした思い出の場所)

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート