足立区ドクターズ | 病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(足立区)―

横内 一洋 院長

ICHIYOU YOKOUCHI

横内 一洋 院長

横内 一洋 院長

アース動物病院

足立区/保木間/竹ノ塚駅

  • ハムスター
  • フェレット
  • ウサギ
  • は虫類
  • その他

獣医を志したきっかけ、現在に至る経緯などをお聞かせください。

横内 一洋 院長

高校3年生でいよいよ進路を決めなければとなったときに、改めて自分について考えてみたんです。そして浮かんだのが、理数系が好きだなということと、中学生のときに通っていた塾での思い出です。そこがとてもユニークで、塾で猫を飼っていたんです。10匹くらいいたのかな。勉強していると、机に猫がちょこんと乗ってくるわけです。猫が鳴いたり、足元にすり寄ってきたりするなかで塾の勉強をしていました。そのことが頭をよぎって、「そうだ。自分は動物が好きだな」と思ったんです。その気持ちと、得意な理数系を生かした仕事に就くなら何がいいだろうと考えた結果、獣医を目指そうという答えが浮かびました。子供の頃、東京に住んでいたこともあるのですが、その時は北海道に住んでいたので、そのまま北海道の大学の獣医学部に進みました。北海道というと、馬などの大動物をイメージするかもしれませんが、私は大学時代から小動物の専門医になろうと思っていたので、研修医時代も小動物を対象とする動物病院で勤務しました。

「アース動物病院」 についてお話しください。

横内 一洋 院長

研修医のころ上京して、東京の動物病院で働いていました。そうしているうちに、とある先生に誘われて足立区の動物病院で働くことになったんです。それまでに馴染みのある土地ではなかったのですが、住んでみると、都会の喧騒を感じることもなく、穏やかな場所だなという印象をもちました。開業を考えたこともありますが、そのままその動物病院で働くと言う選択肢もあるなという思いもあったので、なかなか踏み切れなかったんです。そうはいうものの「ここで開業しよう!」という勢いがついたことで、35歳のときに『アース動物病院』を開業しました。それから約12年、この場所でさまざまな動物たちの診察をしています。ここは綾瀬駅や竹の塚駅から少し距離がありますので、バスを利用して頂くか、お車でお越し頂くと良いと思います。
私は獣医として診察する立場にありますが、常に「自分が飼い主だったらどうするか」と考えて処置にあたっています。病院のコンセプトとしてもそのことを掲げていて、自分の家族のように考えて、最善の対応ができるような病院でありたいと思っています。

治療の際に心掛けていらっしゃることについてお話しください。

横内 一洋 院長

みなさんに愛されるような町医者になりたいというのが私の願いです。〝病院”というと緊張するかもしれませんが、そうではなく、ホッとしてもらえるような雰囲気の動物病院でありたいですね。先ほどもお話しましたが、「飼い主さんの立場になって考える」のが信条ですので、インフォームドコンセントも丁寧に行っています。最初のカウンセリングで、動物たちの生活習慣を把握し、何が問題なのか、症状の原因は何なのかをしっかり飼い主さんにお伝えしてきますので、納得した状態で治療を受けていただくことができるのではないでしょうか。獣医というのは、人間の内科、外科……というように、診療科目が決まっているわけではありません。目の前の動物の、目も耳も、歯も内臓も全て診なければなりません。そのすべての科において、常にレベルアップしていくようにしたいと思っています。

患者さんからの相談で、多い症例についてお話し下さい。

最近では、動物たちの皮膚病でお悩みの方が多いですね。私自身アトピーを持っておりまして、その辛さが分かるので、より一層、何とかしてあげたいと思います。皮膚病は環境からの影響もありますが、遺伝や体質が原因だということもあります。なんかしらの皮膚病を持っているということが早期に分かったからといって、対策が完璧にできるというわけではないのが、難しいところです。しかし、そういう体質だと飼い主さんが把握した上で、動物たちに接するのとそうでないのとでは大きな違いがあります。ワンちゃんやネコちゃんが成長していく過程で、どのように対応していけばよいかを、医師の視点からアドバイスしています。
それから、歯周病でお悩みの飼い主さんも多いですね。歯周病になると歯の血管からばい菌が体内に入りますから、心臓病や膀胱炎を引き起こすこともあるんです。そう考えると、食べるのに不自由しないように歯を治療するだけではなく、さまざまな病気を引き起こさないためにも、口の中のケアが必要になります。こちらは予防と治療の観点から処置をしていかなければなりません。

最後に、サイトをご覧になる皆様にメッセージをお願いします。

動物たちの治療をするときに「自分が飼い主だったら納得できるか」と常に問いかけながら診察をしています。症状や治療方針も、難しい言葉ではなく、分かりやすく説明していますので、安心して話を聞きに来てください。当院では飼い主さんが納得できるかたちで治療を進めていきたいと思っています。
飼い主さんが、大切なワンちゃんやネコちゃんとの生活を満喫することができるように、また、それが動物たちにも伝わって、彼らも幸せな時間を過ごすことができるようにサポートしていきたいと思っていますので、お気軽に足を運んで下さい。

※上記記事は2014.9に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

横内 一洋 院長 MEMO

  • 出身地:北海道
  • 趣味・特技:テニス
  • 好きな映画:オールジャンル
  • 好きな言葉:一生懸命
  • 好きな観光地:伊豆

グラフで見る『横内 一洋 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

アース動物病院

足立区/保木間/竹ノ塚駅

  • ハムスター
  • フェレット
  • ウサギ
  • は虫類
  • その他
  • 患者の口コミ2件
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
口コミ
街の人の
口コミ
患者の
口コミ
PR WEB
予約
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート